千代田区神田の雑居ビルから世界を眺める|法律系派遣社員のひとりごと

ハッカーの逆襲“マウントゴッグス‘破産申請’は詐欺

1

一時世界最大ビットコイン取引サイトであったマウントゴッグスが数千億ウォン台の顧客ビットコインをハッキングで盗まれたと主張して破産保護申請を内資ハッカー集団が閉鎖されたサイト サーバーを攻撃してデータを取り出した後“経営陣が詐欺を働いた”と正面から受けた。 世界金融危機を予測して有名なヌリエル・ルビニーニューヨーク大教授はビットコインを多段階金融詐欺に対し遠回しに言って非難した。 オンライン時代仮想貨幣で脚光を浴びて投資熱風とバブル論議を呼び起こしたビットコインがセキュリティー脆弱性など総体的不良を表わしている。

 

10日英国<ガーディアン>などは匿名のハッカーがマウントゴッグスの最高経営者であるマーク カペルレスの個人ブログなどをハッキングして、彼が利用者のビットコインを盗んだと非難する公開手紙とともにサイト サーバーで取り出した取り引き内訳ファイルをのせたと伝えた。

 

掲示された750メガバイト容量の圧縮ファイルは2011年以来マウントゴッグスでなされたすべての取り引き内訳を含んでいる可能性があると<ガーディアン>が指摘した。日本、東京に根拠地を置いたマウントゴックス付く世界ビットコイン取り引き比重の70%を占めた代表的な取引所であった。 だが、この取引所は顧客ビットコイン大規模紛失事実を入れた内部文書がオンラインに流出するとすぐに先月25日突然サイトを閉鎖した。

 

1

引き続き顧客ビットコイン75万個と自社が保有したビットコイン10万個を数年にかけたハッキングで紛失して取り戻すのは困難と、先月28日発表とは東京地方法院に破産保護申請を出した。 マウント曲付くアメリカ裁判所にも破産保護申込書を提出した事実が10日確認された。 ビットコイン85万個は発行総量1200万個の7%に該当する規模で、最近価格で500億円台を行き来する。

 

だが、ハッカーはマウントゴッグスがビットコインを引き出した可能性に重きを置いた。 ハッカーはハッキングをしてみると破産時点にマウントゴッグスが95万1116個のビットコインを保有しているというデータを確認したし、これはビットコインが紛失していないことを意味すると主張した。

 

経営陣がこれを引き出せるということだ。 マウントゴッグスが顧客ビットコインを引き出したという疑惑は引き続き提起されてきた。 今回公開されたデータと関連して一部顧客は自身の取り引き内訳が合うと主張して一部ではないと主張して真実性が確かに遮られなかった。

 

一方ルビートカ教授はビットコインを多段階金融詐欺であると遠回しながら、辛らつに非難した。 彼はツイッターを通じてビットコインが犯罪活動根拠地になったという事実とは別に“ビットコインには金やサービス価格が反映されたことがなくて価値尺度になれない”とし、代案貨幣として可能性を否認した。 彼は“ビットコインは犯罪活動の中間ぐらいにある”と話した。